いざという時に慌てないために!事前に知っておきたい葬儀の豆知識をご紹介

当サイトではいざという時に慌てないために、事前に知っておきたい葬儀の豆知識をご紹介しています。
葬式で着用する喪服に関しても、様々な注意点がマナーがあります。
どのような服装にするべきかは、男性と女性で共通するところも少なくありません。
しかし一般的なブラックフォーマルウェアは男性と女性で異なるところも多いため、それぞれの注意点・マナーを押さえておくことが大事です。
急な葬式で戸惑わないためにも、知っておくと安心でしょう。

いざという時に慌てないために!事前に知っておきたい葬儀の豆知識をご紹介

葬儀の知識に自信がないという人は多いのではないでしょうか。
そのような場合には、あらかじめ豆知識を押さえておくと良いかも知れません。
葬儀は宗教や宗派によって内容が異なっています。
現代の日本では多くの場合は仏教式ですが、神道やキリスト教の法式で行う人もいます。
葬儀は通夜と翌日の2日間かけて行うのが一般的ですが、小規模な葬儀が好まれる現代では一日葬という1日だけで行う葬儀が選ばれることも少なくありません。

意外にもたくさんある?葬儀の種類

ここ数年の社会情勢の変化に伴い、葬儀も従来の形式ではない場合が増えました。
訃報が舞い込んだ際に「家族葬」や「直葬」など、これまで見慣れない単語を目にした方も多いのではないでしょうか。
実は一口に葬儀と言っても種類があります。
一般的な葬儀ならば大きく分けて「一般葬」「家族葬(密葬)」「一日葬」「直葬(火葬式)」の4つ、特殊な物ですと「自由葬」「生前葬」などです。
「一般葬」は家族や親族だけでなく、生前故人と関係のあった方々に参列して頂く従来の形式です。
1日目にお通夜、2日目に告別式・火葬を行います。
対して「家族葬」は家族や本当に近しい知人のみで執り行う小規模な式になります。
なお、密葬は後日一般の方向けにお別れの会などを開くことが前提の式となります。
「一日葬」はお通夜を省いて告別式と火葬を1日だけで執り行う式です。
内々でひっそりと行いたい時に適しています。
「直葬(火葬式)」は更に告別式も省き、火葬場で故人とお別れし、そのまま火葬する形式です。
「自由葬」は宗教や形式に囚われず、故人が生前好きだった物などを活かせる式として近年広まっています。
また「生前葬」は本人が生きているうちに自分が喪主となって行う式です。
ただ、どちらもまだ一般的な葬儀とは言えません。

葬儀の喪主としての正しい服装とは

日本では古くから、冠婚葬祭時は正しいマナーを守って参列をすることを重んじています。
とくに葬祭に関しては数多くの慣例を守る必要があり、実際に喪主をなさったかたであれば葬祭サービスから手ほどきを受けたことがあるでしょう。
そこでここでは、これから葬儀に関するマナーをご紹介していきます。
親や祖父母が亡くなった際、喪主をつとめることになる可能性もあるわけです。
どんな服装を身に付ければいいのかわからないという方も多く、葬儀を滞りなく進めることに戸惑いを生じる可能性もあります。
まず男性であれば一般的な洋装の喪服でよく、さほど気にする必要はありません。
白いシャツと黒いネクタイというのが基本です。
女性に至っては和装が正しい装いになるので注意をしないといけません。
紋付が正装となり、昔は女性がいるご家庭で成人式を迎えた際は親が着物を作って贈っていました。
いまは自身で買うことが滅多になく、レンタルを利用するのが基本です。

葬儀に一般参列者として参加するときの正しい服装

葬儀に一般参列者として参加するときの服装ですが、基本的に男性はブラックスーツ、女性はブラックフォーマルとするのが妥当です。
これは葬儀では一般に準喪服と呼ばれているものとなり、男性は上下ともに黒のスーツとし、ネクタイ・靴下・靴も全て黒とします。
シャツは白の無地で、結婚指輪以外のアクセサリー類を身に付けることもしません。
女性は黒のワンピースが良いですが、必要以上に肌を露出させないように注意しておきます。
女性のアクセサリーについても基本的には結婚指輪のみとしますが、真珠のみはOKとされることも多いです。
それ以外には全て外すようにしましょう。
なお、急な訃報によって当日のお通夜に参加するような場合は、黒や紺、グレーといった色合いの服装であればほぼ問題はありません。
急であるにもかかわらずきちんとした服装で参列することは、死を予想して既に準備していたかのような印象を与えることにもなりますので、場合によっては適切でなかったりします。

お通夜と葬儀・告別式の違いと注意点は?

亡くなった人を弔うために行う、お通夜、葬儀、告別式の違いについて正しく理解していない人も少なくありません。
お通夜は葬儀を行う前に実施する前夜祭のような位置づけになります。
遺族を始めとした故人と近しい関係にある人たちがお線香、蠟燭などの火を絶やさないように寝ずの番をする儀式です。
生前親しい人が慰問に訪れた時の対応も併せて行います。
葬儀は家族、生前親しい付き合いがあった友人で故人の冥福を祈りながら遺体を葬ることを目的とした儀式です。
前夜祭に当たる通夜翌日の日中に行うのが一般的とされています。
明確なルールはなく、少人数で行う家族葬から大勢の参列者を招く大規模な物まで様々です。
告別式は、故人と最後のお別れをする式典になります。
葬儀を行った流れでそのまま実施されるケースもありますが、都合がつかなければ期間を空けても問題ありません。
他の儀式に比べて宗教的な意味合いが薄く、提供する料理も含めて自由なスタイルで行うことができます。

葬儀に関する情報サイト
事前に知っておきたい、葬儀のこと

当サイトではいざという時に慌てないために、事前に知っておきたい葬儀の豆知識をご紹介しています。葬式で着用する喪服に関しても、様々な注意点がマナーがあります。どのような服装にするべきかは、男性と女性で共通するところも少なくありません。しかし一般的なブラックフォーマルウェアは男性と女性で異なるところも多いため、それぞれの注意点・マナーを押さえておくことが大事です。急な葬式で戸惑わないためにも、知っておくと安心でしょう。

Search